ねねねラボ

京大生による多忙な学生・社会人のための睡眠ライフハック

MENU

睡眠時間と成功の関係とは?短時間睡眠・長時間睡眠の有名人

 

睡眠と成功の関係とは?

睡眠時間と成功は関係しているのでしょうか?

いくつかの研究によると、睡眠時間の不足は、集中力・論理的な推論をする能力・判断力・加えて想像力(クリエイティビティ)を下げることがわかっています。

寝不足の影響は頭脳に関係する部分以外にも起こります。睡眠時間の不足は血圧の上昇、免疫量の低下、ホルモン分泌の異常なども同時に起こします。これらは肥満や心臓病の原因にもなります。

成功した人の中には「寝ずに働いた」という経験を持つ人がいますが、現在でもその生活を続けている人は少ないのではないでしょうか。睡眠に関して記した本もあるほどです。

睡眠こそ最強の解決策である

睡眠こそ最強の解決策である

 

ちなみに、あるデータでは睡眠時間が長いほうが睡眠時間が短い人よりも社会的な地位が高かったり成功をおさめていたりするそうです。しかしこれは成功していたり社会的地位が高い人のほうがそうでない人よりも生活の自由度が増して睡眠時間を多くとれることの裏返しかもしれません。

 

以上のことから考えると睡眠は少なからず成功に関係していることがわかります。

短時間睡眠のメリット

ここでいう短時間睡眠とはおよそ4時間前後の睡眠のこととします。

短時間睡眠のメリットは、当然のことながら、起きている時間が増えることでしょう。睡眠が人生の1/3を占めていることを考えると、起きていることにできることを増やすには生産性を上げるか、起きている時間を増やすかしかありません。

長時間睡眠のメリット

長時間睡眠のメリットは体力がしっかり回復すること、ストレスを減らすことが挙げられます。なお長時間睡眠といっても、ここでいう睡眠は多くとも10時間程度です。それ以上になるとかえって健康に悪影響になります。

 

長時間睡眠と短時間睡眠

極端な長時間睡眠も短時間睡眠も体にいいとはいえません。一般的に、睡眠と生活の質(生産性や身体的な健康、精神的な健康)は逆U字型のカーブを描きます。寝なくてもよくないし、寝すぎてもよくありません。

とはいえ成功した人には特徴的な睡眠時間を持つ人も多いです。ここからは、睡眠時間が特徴的な有名人を「短時間睡眠の有名人」と「長時間睡眠の有名人」に分けて紹介します。

短時間睡眠の有名人

ナポレオン・ボナパルト

短時間睡眠ときたら有名なのはやはりナポレオンでしょう。 彼は一日3時間しか眠れなかったといわれています。しかし、実はそれは彼がてんかんの発作に悩まされていたという説がいまでは有力です。かれは昼寝をすることで短い睡眠時間を補っていたようですが、3時間睡眠の噂だけが独り歩きしてしまったようです。

二コラ・テスラ

テスラと聞くとイーロン・マスク氏を思い出す人も多いのではないでしょうか。

二コラ・テスラは19世紀半ばに生まれた天才発明家の一人で、エジソンのライバルでもあります。彼はエジソンが発明した直流に対し交流の電気を効率的かつ安定的に供給する仕組みを作るのに成功しました。エジソン帰納的な方法で発明をしたのに対し彼は理論に基づいた演繹的な手法で発明をしています。

二コラ・テスラについて詳しく知りたい方は彼のWikipediaをご覧ください。

ニコラ・テスラ - Wikipedia

かれは短時間睡眠だったことも知られています。夜は少ししか眠らず、日中何度か仮眠をとることでそれを補っていたそうです。

 

レオナルドダヴィンチ

レオナルドダヴィンチはモナリザを描いた画家として有名ですが、それ以外にも発明家、研究者などいくつかの顔を持った多彩・多芸な天才です。

彼の睡眠時間も常人のそれとは異なっています。一日をいくつかに分けてその間に約20分程度眠っていました。24時間当たりの睡眠時間は合計たったの2時間です。

 

ウィンストン・チャーチル

世界史を勉強していた人にはおなじみのイギリスの政治家ウィンストン・チャーチル。彼は東西冷戦の緊張を象徴する「鉄のカーテン」演説で有名ですね。この演説の当時彼の年齢は70代です。年を取ってなお勢いが衰えていないですね。

こういうワーカホリックな人にありがちなようにチャーチルも短時間睡眠でした。彼は5~6時間程度しか眠らなかったそうです。

長時間睡眠の有名人

アルバート・アインシュタイン

File:Albert Einstein Head.jpg

 皆さんご存知の天才物理学者アルバート・アインシュタインは一日にきっかり10時間も寝たといわれています。彼のたぐいまれなる才能は、この長い睡眠時間が関係しているのかもしれません。

ミハエル・シューマッハ

 F1レーサーのミハエル・シューマッハは一日10~12時間眠るそうです。F1というストレスの大きい環境に適応するには長い睡眠時間が必要になるのでしょうか。

タイガーウッズ

ゴルフで有名なタイガーウッズ氏も長時間睡眠で知られています。ミハエル・シューマッハとおなじく一日10時間も寝るそうです。

カルビン・クーリッジ

世界史ではハーディング・クーリッジ・フーヴァーと続く1920年代の共和党の大統領として有名なカルビン・クーリッジは長時間睡眠だったといわれます。ケネディやトランプなど有名な政治家が短時間睡眠なのに対し、彼は9時間以上は睡眠をとっていたといわれます。

マライア・キャリー

 歌手・女優として活躍するマライア・キャリーは一日約15時間眠ると語っています。歌唱力を維持するのが目的だそうです。そのために彼女は、寝るときは大量の加湿器をつけているとも答えています。